ただ、なんとなく。

普通に生きてます。

映画『フラッシュダンス』

 

15年前のジーンズがなんとか履けるようになった ただ です。こんにちは。

おもいっきり息を吸って、腹を引っ込ませてだけどね。笑

 

 

先日、アマゾンのプライムビデオで映画『フラッシュダンス』を鑑賞したんですが、昔の映画ですが、すっごく面白かったので軽くご紹介。

 

ダンスシーンが別人(スタント)が演じていたと、のちに暴露され、ちょっとした騒ぎになったんですが、皆さんは憶えてますか?

私は、公開当時小学生だったので映画館では観てませんが、中学生ぐらいになってレンタルビデオで観たおぼえがあります。

TVでも放送されたので、それを含めると、今まで5回ぐらい鑑賞してると思います。

 

久々に観て感じたことは、

問題のダンスシーンも別人が踊ってたとしても、それはそれで、素晴らしいシーンになってるし、違和感なく鑑賞できました。

ストーリーもだいたい憶えてますが、細かい設定まで忘れていて、そのおかげで新鮮な気持ちで鑑賞できました。(主人公が10代後半だったなんて憶えてる人いる?)

映画で使われてる音楽も、よくラジオから流れていたので、そこからも昔の思い出がホロホロ出てきて懐かしかったです。

 

そして一番驚いたのが、登場人物のファッションや髪型・メイクなど、今の時代でも大丈夫だということです。

ちょっと前なら、「80年代、なつかしい~」という感覚で鑑賞してたはずですが、今回の鑑賞ではノスタルジーなんて無く、素直に“青春ダンスムービー”として楽しみました。

 

映画公開が1983年、33年経過してます。

フッションは、『流行が過ぎても、またひと回りしてやって来る』なんていいますが、それが実感できる映画でした。

33年前の流行りの洋服をタンス奥にしまってる人は、ぜひ、明日からでも着用してください。

この流行を逃がすと、次の流行は33年後の2049年かも。急いで~!!

 

 

 

●70.4㎏(-7.2)